クレジットカード現金化について調べてみた

思ったこと

街中で金券ショップの前を通ると「クレジット現金化」と書かれたポスターや看板を出してる店を見かけることがあります。

そこで疑問。

クレジットカード現金化て何? 仕組みは? そもそも違法ではないの?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得ること。

つまり、クレジットカードで買った品物を売って現金を得ることですね。

では、クレジットカード現金化の仕組みはどうなっているのでしょう?

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化には、買取式とキャッシュバック式があります。

買取式とは、クレジットカードを使ってブランド品や金券といった換金率の高い商品を買い、それを買取業者に売ることで現金を得る方法です。

買取式で買って売る商品は、新幹線の回数券、商品券、ブランド品が主です。

一方、キャッシュバック式とは、現金化業者からクレジットカードを使って安い商品を高額で買い、その購入特典として、その業者から現金をキャッシュバックしてもらう方法です。

キャッシュバック式で買う商品は、CD-ROM、パワーストーン、100円ショップで販売されているものなど、商品自体にほとんど価値のないものです。

買取式は店舗型、キャッシュバック式は以下のようなインターネット限定業者が多いようです。

買取式は、リサイクルショップや金券ショップで買い取ってもらう品物をクレジットカードで買うというイメージができましたが、キャッシュバック式については、こんな方法があるんだと発想すらありませんでした。

クレジットカード現金化は違法ではないのか?

クレジットカードの現金化は、明確な法律違反ではないようですが、限りなくグレーであることは確かです。

違法ではありませんが、クレジットカード会社の規約違反になります。

クレジットカード会社の規約に「現金を取得することを目的として、商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を利用することはできません」という内容が明記されています。

クレジットカードの現金化をすることで、最悪、規約違反として「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」といったペナルティを受けるかもしれません。

さいごに

クレジットカードの現金化について調べてみました。

クレジットカード現金化は明確な法律違反ではありませんが、クレジットカード会社の規約違反でありペナルティを受ける可能性があります。

現金化業者は「クレジット現金化は借金ではない」と言っています。

確かに現金化業者への借金ではありませんが、クレジットカード会社への支払いが完了していなければ、カード会社へ借金しているのと同じことです。

それに、現金でもらった額よりも、カードで支払った額のほうが多くなるので、余計なお金を使うことになります。

一言でいうと損をするので、クレジットカード現金化は利用しないのがいちばんよいということです。

【参考にしたサイト】

クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いに注意 | 協会から消費者のみなさまに向けた注意喚起 | 消費者のみなさまへ | 一般社団法人日本クレジット協会
一般社団法人日本クレジット協会は、皆さま...
クレジットカードの現金化は違法?考えられるリスクについて
インターネットや街中の広告で「クレジットカードの現金化」という言葉を目にしたことがある方もいるかと思います。クレジットカードの現金化について、そのしくみと考えられるリスクを解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました