クレジットカードで節約(楽天カード編)

節約

どうせ買い物をするなら、お金を使うなら、現金払いよりクレジットカード払いのほうが節約になると思っています。

クレジットカードで支払いをするとポイントが貯まります。

次の買い物で貯まったポイントを使えば、そのポイントの分だけ節約になるということです。

私は、楽天カードJ-WESTカードの2種類のクレジットカードを持っています。

今回は、楽天カードについてです。

スポンサーリンク

楽天カード利用で楽天ポイントを貯める

楽天カードの利用で貯まる楽天ポイントは、原則、利用額の1%分のポイントです。

100円使えば1ポイント貯まります。

条件によっては1%を超えるポイントが付与される場合があります。

ただし、楽天Edyのチャージは0.5%分のポイントです。

200円の利用で1ポイント貯まります。

また、規約が変更になり、スマートICOCAやSuicaのチャージではポイントが付与されなくなりました。

それまで毎月、スマートICOCAにチャージをしていましたので、その分のポイントが貯まらなくなるというのは、ちょっと痛いです。

ただ私の場合、規約が変更になる前に、スマートICOCAのチャージ用決済カードを楽天カードからJ-WESTカードへ変更していました。

なので、痛い目に遭わずにすみました。

貯まった楽天ポイントを使って節約

貯まった楽天ポイントを使って節約するということですが、楽天ポイントを使う機会があることが大前提です。

楽天ポイントを使う機会がなければ、正直、楽天カードを持つメリットも楽天ポイントを貯めるメリットもありません。

しかし、楽天ポイントを使う機会がある人にとっては、楽天カードは大変メリットのあるカードだと思います。

楽天ポイントは楽天での買い物はもちろん、楽天以外の実店舗でもポイント利用できる店があります。

楽天ポイントカードが使えるお店

楽天ポイントは1ポイント=1円として使うことができます。

私はときどき楽天で買い物をしたり、楽天トラベルで宿泊予約をするので、私にとっては楽天ポイントは結構使えるポイントです。

楽天モバイルの格安スマホを持ってからは、毎月のスマホ料金の支払いの一部に楽天ポイントを使っています。

楽天ポイントは節約に貢献しております。

節約と言っても1ヶ月に数100~1000円程度

節約とは言うものの、楽天カード利用によるポイントは数100ポイント程度、多くても1000ポイントくらいです。

他のサービスで貯めた楽天ポイントを合算しても1000ポイントいくかいかないか。

なので、節約と言っても1ヶ月に数100~1000円程度です。

でも、この程度であっても、少しでも節約になるのであれば、いいのかなと思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました