JCOMが突然訪問してきて契約を迫ったので断った話

思ったこと

ある日、帰宅したらJCOMの人が家に上がって親と話し込んでいました。

家に上がっていたので、親が呼んだのかと思ったら、飛び込み訪問でした。

JCOMは何と言って家に上がり込んだのか、また、どんな話をしていったのか。

私は何と言って断ったのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

JCOMは何と言って訪問に来たのか?

私が帰宅したとき、JCOMの人はすでに家に上がっていて、親と何やら話し込んでいました。

うちはJCOMと契約していないのに。

私は途中から話を聞いたので、話の内容がさっぱりわからず、JCOMの人に尋ねました。

そもそも何の用で家に来たのか?と。

すると、JCOMの人は次のように答えました。

「JCOMでは地上波テレビが0円になります。」

「聞いたところ、今の契約では地上波+BSで料金が発生しています。」

「将来、BSを見なくなったら、BS分の料金が無駄になります。」

つまり、「JCOMにすると、見ないBS料金を払わずに済む」と言いに来たとのことでした。

JCOMは訪問して何をしていったのか?

地上波テレビが0円になるという話から、

「今は、どの会社でどんな契約をしているのか?」とか

「スマホはどんな使い方をしているのか?」とか

「Wi-Fiは?」とかいう話になり、

JCOMへ切り替える話へと発展していきました。

「地上波テレビが0円になる代わりに、電気も電力会社からJCOMになる」とか

「ネット+電話+テレビには、こういうプランがある」とか

現在契約中のプランとの比較とか、工事費のこととか、JCOMのプランについて延々と説明されました。

挙句の果てに、今契約してる会社に電話して、解約に関する質問までしていました。

で、最後には、「このプランとこのプランのどちらにしますか?」とJCOMと契約する前提で話を進めてきました。

えらい契約をせかすなと思ったと同時に、疲れて、だんだん話の内容が頭に入らなくなり、話を聞くのも嫌になってきたので、

「今すぐ返事をしないといけないか?」と聞いたら、早いほうがいいと。

いきなり来て、すぐに契約を欲しがるのは、ロクでもないところだと思っているので、

「疲れて、話の内容が頭に入ってこない。こんな状態で返事できない。ちょっと考えさせて欲しい。」と言いました。

それで翌日、再度訪問してもらうことにしました。

JCOMの訪問は、ただの飛び込み営業、飛び込みセールスだったので断った

JCOMの人が帰ったあと、落ち着いてよくよく考えてみると、

あれは、ただの飛び込み営業じゃないか、ただの飛び込みセールスじゃないか

という結論に落ち着きました。

最初は、「地上波テレビが0円になる」とか言ってたけど、結局は、JCOMと契約させるのが目的なんじゃないかと思いました。

なので、翌日、JCOMが再訪してきたときに「JCOMとは契約しない」と断りました。

理由は、「現状で不便を感じないのに、わざわざJCOMへ切り替える理由がない。」、「いきなり家に来て、その日のうちに契約を迫るのは、違和感を覚えるし、不信感が生まれた。なので、感情として気が乗らないし、この会社イヤだなと思った。」

と思いを伝えて、JCOMには帰ってもらいました。

さいごに

JCOMが突然訪問してきて契約をせかしましたが、断った話でした。

JCOMがいきなり来ても、門前払いがいちばんいいのですが、もし、家に入れてしまっても、すぐに結論を出さないことです。

一旦保留して、本当に必要かよく考えることが大切です。

そこで、必要がないという結論が出たら(というか、ほとんど必要ないはず)きっぱり断りましょう。

うちに来たJCOMの人は、納得してすんなり帰っていきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました