工業英検が技術英検に名称等が変更されるというので調べてみた

資格

工業英検が技術英検に名称変更されるそうです。

工業英検とは、公益社団法人日本工業英語協会が実施する「科学技術文書を英語で読む能力・書く能力を客観的に正しく評価する」ための資格検定試験です。

2020年度から名称等が変更されるということで、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

工業英検から技術英検に名称変更

2020年5月より、工業英検から技術英検に名称変更されます。

【報道関係各位】2020年5月より工業英検が「技術英検」(後援:文部科学省)に名称等変更 - 公益社団法人日本工業英語協会
ここでは公益社団法人日本工業英語協会の【報道関係各位】2020年5月より工業英検が「技術英検」(後援:文部科学省)に名称等変更についてご案内致します。工業英語、技術英語の正しい理解と普及を目指す公益法人日本工業英語協会です。日本工業英語協会は、1980年の発足以来、テクニカル・ライティングの普及と評価を目的として、工業...

変更の背景は、以下の通りです。

  • 我が国の主要産業である「工業」を名称に掲げたが、産業構造の高度化に伴って、本検定が扱う領域は科学技術全般に広がっている。
  • 大学等での科学技術英語を扱う科目名が「技術英語」である例が多い。

ということで、名称が「工業英検/工業英語能力検定」から「技術英検/技術英検能力検定」に変更となります。

正式名称は「技術英語能力検定」で、略称が「技術英検」です。

レベルの級の名称を変更

工業英検では、レベルが1級、2級、準2級、3級、4級とありました。

技術英検では、工業英検1級・2級がそれぞれ「プロフェッショナル」「準プロフェッショナル」へ変更されます。

工業英検準2級・3級・4級は、それぞれ技術英検1級・2級・3級へ変更されます。

準2級より1級のほうが、なんとなく響きがいいですね。

出題形式の変更

技術英検1級(旧 工業英検準2級)の記述式問題の出題形式と配点が変更になります。

技術英検2級・3級(旧 工業英検3級・4級)については、変更ありません。

合格基準は、技術英検1~3級とも60%(120点)以上の正解で合格です。

技術英検1~3級は、過去問が販売されています。

  

技術英検プロフェッショナル(旧 工業英検1級)は出題形式の変更はありません。

技術英検準プロフェッショナル(旧 工業英検2級)については、出題形式と配点がガラッと変わっています。

準プロフェッショナルの試験問題は、プロフェッショナルと同じものです。

というか、試験自体がプロフェッショナルの試験で、得点によって、プロフェッショナルか準プロフェッショナルかが決まります。

プロフェッショナルは75%(150点)以上の正解で合格。ただし、得点が50%未満の解答が1問でもあると、それだけで不合格です。

準プロフェッショナルは60%(120点)以上の正解で合格です。

受験料の変更

受験料は、プロフェッショナルと1~3級は旧制度からの変更はありません。

プロフェッショナル=16,500円、1級=6,400円、2級=5,300円、3級=2,600円です。

準プロフェッショナルは、7,300円から16,500円と大幅に変わります。

厳密にいうと、準プロフェッショナル(旧 2級)の試験はなくなり、プロフェッショナルに吸収された感じですね。

検定試験実施回数の変更

試験の実施回数が年4回から年3回に減ります。

ただし、プロフェッショナルは年2回で変更なしです。

一番変わるのは、技術英検 準プロフェッショナル(旧 工業英検2級)

一番変わるのは、準プロフェッショナルです。

他のレベル・級は、ほとんど名称のみの変更ですが、準プロフェッショナルは名称だけでなく、出題形式や受験料も変更になります。

技術英検とは - 公益社団法人日本工業英語協会
ここでは公益社団法人日本工業英語協会の技術英検とはについてご案内致します。工業英語、技術英語の正しい理解と普及を目指す公益法人日本工業英語協会です。日本工業英語協会は、1980年の発足以来、テクニカル・ライティングの普及と評価を目的として、工業英検、技術英検と教育研修を中心に活動しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました