レーシック手術を受けたのは右目の視力が強度の近視だったから

レーシック

私がレーシック手術を受けたのは、右眼の視力が極端に悪かったからです。

クリニックの適応検査で0.02と言われました。

メガネをかけていても、右目はぼやけて、はっきり見えていませんでした。

スポンサーリンク

左目の裸眼と右目のメガネで矯正した見え方が同じ

左目の裸眼の見え方と、右目のメガネで矯正したときの見え方が、ほとんど変わりませんでした。

メガネを外すと、右目は、ぼやけるのを通り越しています。

「メガネでは、これ以上、視力を出すことができません。」

「これが、メガネで可能なもっとも強い度数です。」

とメガネ屋の店員に言われました。

もっとも強い度数のメガネでも、右目は、はっきり見えないくらい視力が悪かったのです。

運転免許更新時の視力検査に不安

いちばん困ったのが運転免許更新時の視力検査でした。

初めての更新時の視力検査で左眼を隠されたとき、メガネをかけているのに右眼はぼやけています。

「右、上、下、左」

言ったことが、ことごとくハズレて。。

検査官「メガネが合ってないなぁ。合わせとかなアカンで。」

と言われつつも、なんとか視力検査には合格しました。

これでは次回は無理だな、、と思いコンタクトレンズを作りました。

コンタクトレンズはよく見えるが、目が痛い、充血する、違和感半端ない

メガネでの視力矯正には限界がありました。

しかし、コンタクトレンズでは、その限界がなくなりました。

コンタクトレンズを着けると、右も左も1.0くらいは見えていまいした。

ちなみに右眼の視力は0.02でしたが、左眼の視力は0.1でした。

一時期は、コンタクトレンズを着けて生活していました。

しかし、いつの頃からか、コンタクトレンズを着けると目が痛くなるし、充血してくるし、ものすごい違和感を覚えるようになりました。

コンタクトレンズを長く着けているのがつらい時期が続きました。

なので、コンタクトレンズを着けるのは、運転免許更新時の視力検査のときと、当時やっていたスキーをするときくらいでした。

ちなみにコンタクトレンズはハードレンズでした。

乱視もあるので、ソフトレンズでは矯正が難しいと言われましたので。

メガネで見える視力が欲しかった

メガネでは右眼の視力矯正に限界があったので、運転免許の視力検査にパスすることができません。

仕事にも支障を来しました。

近くを見る分には問題ないんですが、少し離れたところを見るとピントが合わせられない。

でも、コンタクトレンズを着けると見えるけど、痛くて目を開けていられない。

メガネなしの生活が欲しかったのではなく、メガネで見える視力が欲しかった。

コンタクトレンズを着けなくても、メガネで見える視力が欲しかった。

これが私がレーシック手術を受けた理由です。

レーシック手術後7年たっても問題なし

レーシック手術から7年たちましたが、とくに問題はありません。

右眼の視力は、0.08~0.1くらい。

メガネでの矯正視力は、0.8~1.0くらい。

運転免許更新時の視力検査もメガネでパスしています。

しかし、もしかしたら視力が少し落ちているかもしれません。

若干見えづらく、ピントの調整がしづらくて、目を細めて視力検査の機械を覗いていますので。。

とはいうものの、手術前に比べるとはるかによく見えているので、レーシック手術を受けてよかったと私は思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました