楽天モバイル料金支払い方法は何がある?

格安スマホ

楽天モバイルのスマホ料金支払いには、どんな方法があるのでしょうか? 

楽天モバイルの料金支払い方法には、クレジットカード、デビットカード、口座振替、ポイント払いがあります。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

楽天モバイル

スポンサーリンク

クレジットカード払い

契約者 本人名義のクレジットカードからの引き落としにより支払う方法です。

支払い手数料はかかりません。

利用できるカードは、楽天カード、VISA、Master、JCB、American Express、Diners Club になります。

端末の分割購入での支払いには、楽天カード、VISAカード、Masterカードが利用できます。

ただし、楽天カード以外のクレジットカードで端末を分割購入すると、各クレジットカード会社が定めた分割手数料がかかります。

デビットカード払い

契約者 本人名義のデビットカードからの引き落としにより支払う方法です。

支払い手数料はかかりません。

利用できるデビットカードは、「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」の2種類だけになります。

楽天銀行、スルガ銀行のデビットカード以外のデビットカードは、利用することができません。

口座振替

事務手数料、月額基本料の支払いに、契約者 本人名義の銀行口座からの引き落とし(口座振替)を利用できます。

口座振替では、毎月の引き落とし時に、手数料100円(税別)がかかります。

また、端末やアクセサリー費用の支払いは口座振替ではできません。

口座振替にすると、毎月の利用料を楽天ポイントで支払うことができません。

口座振替が利用可能な金融機関は、

楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、イオン銀行、新生銀行、信用金庫 ほか 

です。ほぼ、すべての銀行で利用可能です。

ポイント払い

ポイント払いが利用できるのは、「クレジットカード払い」または「デビットカード払い」のみです。

「口座振替」利用では、ポイント支払いができません。

ポイント払いをするときは、「全てのポイントを使う」または「一部のポイントを使う」のどちらかを設定します。

「全てのポイントを使う」に設定したときは、利用料金のすべてをポイントで支払います。

「一部のポイントを使う」に設定したときは、設定したポイント数だけをポイントで支払います。

例えば、利用料金が3,000円で、1,000ポイントだけポイント払いで設定すると、残りの2,000円がクレジットカードまたはデビットカードでの支払いになります。

また、利用可能なポイント数が不足している場合は、不足分をクレジットカードまたはデビットカードから引き落としになります。

楽天モバイルでは、期間限定ポイントも利用できます。

ただし、月額利用料確定時(毎月4日~10日の間)に有効期限を過ぎているポイントは失効となります。

一度に利用できるポイント数は、1~30,000 (ダイヤモンド会員は~500,000) ポイントです。

楽天モバイル

まとめ

楽天モバイルの料金支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、口座振替、ポイント払いがあります。

口座振替は手数料がかかる上に、ポイント払いできませんので、あまりおすすめはしません。

楽天モバイルを利用するなら、クレジットカードかデビットカードがよいと思います。

クレジットカード払いかデビットカード払いにすると、ポイントも使えるので節約になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました