「仮面の忍者赤影」にチャンバラトリオのメンバーが出演していた

「仮面の忍者赤影」にチャンバラトリオのメンバーが出演していたことを知って、「へぇー」と思ったという話です。

スポンサーリンク

仮面の忍者赤影とは

「仮面の忍者赤影」は1967~1968年に関西テレビで放送されていた子供向け時代劇。

原作は横山光輝。

東映と関西テレビの共同制作の忍者もの。 赤影、青影、白影の三人の忍者が悪者を倒していくというストーリー。

悪者も忍者だけでなく、大きな怪獣が出てきたり、空飛ぶ円盤が出てきたり。

時代劇の枠にはまらない時代劇でした。

赤影役の坂口祐三郎は東映ニューフェイス第8期の二枚目俳優。

赤影ではほとんど仮面を付けていたが、二枚目俳優だけあって素顔はものすごくイケメン。

赤影のイベントで仮面を外したところ、見に来ていた女性ファンたちから「きゃ~」と声援があったとか。

2003年、脳幹出血のため61歳10ヶ月という若さで死去。

青影役の金子吉延氏のHPに赤影撮影時のスナップ写真あり。

金子吉延オフィシャルサイト『だいじょ~ぶ!!』

あの頃 その頃 青影の頃(その1)

あの頃 その頃 青影の頃(その2)

チャンバラトリオとは

チャンバラトリオは吉本興業所属のお笑いグループです。

その名の通り、チャンバラ・殺陣を取り入れたコントをやっていました。

最後は「大阪名物ハリセンチョップ」で締めるのが定番でした。

メンバーは元・東映京都撮影所の斬られ役俳優。

東映の斬られ役俳優だった、山根伸介、南方英二、伊吹太郎の三人で1963年に結成されました。

1968年、病気療養のため一時脱退した南方英二の穴埋めとして、同じく東映の斬られ役だった結城哲也が加入。

南方英二復帰後も4人でやっていたが、名前はチャンバラ‘トリオ’のままでした。

1994年、伊吹太郎と結城哲也のふたりが吉本との契約解除によりチャンバラトリオ脱退。

代わりに東映京都の斬られ役俳優で「ピラニア軍団」幹部だった志茂山高也と前田犬千代・竹千代で漫才をやっていた前田竹千代が加入。

なんで漫才師の前田竹千代がチャンバラトリオに? と思いましたが、チャンバラトリオの弟子とのこと。

このチャンバラトリオも2008年に前田竹千代が死去、2010年に南方英二が死去。

2015年5月に山根伸介も病気のため、舞台に立つことは困難ということでチャンバラトリオ解散を発表。2015年11月死去。

チャンバラトリオはメンバーの病気・死去により解散となりました。

「仮面の忍者赤影」に出演していたチャンバラトリオのメンバーは?

「仮面の忍者赤影」に出演していたのはチャンバラトリオ加入前の志茂山高也。

「赤影」の出演者クレジットにも名前が出ていました。

「赤影」もチャンバラトリオも東映なので、チャンバラトリオのメンバーが「赤影」に出演していてもなんら不思議ではないのですが。

ただ個人的に「へぇー」と思っただけでした。

ちなみにチャンバラトリオの南方英二の兄・楠本健二も赤影に出演していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました