資格を取得する目的3つのケース

資格

資格を取得する目的は3つのケースが考えられます。

1.必要に迫られて
2.就職や転職に有利
3.自己満足

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

資格を取得する目的 ケース1:必要に迫られて

これは、仕事をする上で必要、会社命令、あるいは学校で必須となっている、などが考えられます。

仕事で必要:資格がないとできない仕事

会社命令:資格取得者を最低1人は置かないといけない

会社で推奨:資格手当がもらえる

学校で推奨:単位がもらえる

学校で必須:資格試験の受験・資格取得が義務付けられている

資格を取得する目的 ケース2:就職や転職に有利

「就職や転職に有利」だから、という理由で資格を取得するのは正直おすすめしません。

なぜなら、必ずしも就職できるとは限らないからです。

資格が就職するのではありません。

就職するのは人です。

その人に魅力がなければ、いくら資格を持っていても就職は難しいでしょう。

「資格を持っていたらなんとかなる」

なんともなりません。

経験者は語る。

資格を取得する目的 ケース3:自己満足

資格取得そのものが目的でありゴールであるケース。

資格マニアとか、資格取得そのものが趣味という人。

なかには、「腕試し」で資格を取る人もいるかもしれません。

さいごに

資格を取得する目的が「必要に迫られて」や「自己満足」の場合は、資格取得は有意義だと思います。

しかし、「就職や転職に有利」だからと資格を取っても、最終的に就職できなければ悲しいですね。

そういう時は、「自己満足」のために資格を取ったと自分を納得させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました