職業選択を間違えた!新卒で入社した就職先が失敗だった話

「職業選択を間違えた」というよりも「間違った職業を選択した」。

もっと言えば、「間違ってるとわかっていながら、その職業を選択した」ということです。

どういうことかと言うと、「この仕事だけは絶対にやりたくない!」と思っていた職に就いてしまったから。

毎日が嫌で嫌で仕方なく、辞めることばかり考えていました。

では、なぜ間違った選択をしてしまったのか? 

スポンサーリンク

やりたいと思った仕事を断念

学生時代、やりたいと思った仕事がありました。

自動車教習所の指導員です。

どうすれば教習所指導員になれるのだろう?

いろいろ調べていたところ、通っていた教習所のアルバイト募集を見つけました。

これは指導員になるための入口になるかもしれないと思い応募、アルバイトとして勤務することになりました。

大学卒業後もそのまま就職できればいいなと思っていました。

ところが、アルバイト先の教習所指導員が口を揃えて言うのです。

「ここだけはやめとけ」と。

別の某自動車教習所のほうが、ずっといいと。

リクルートの就職情報誌に、別の某教習所の募集が載っていたので、会社訪問しました。

某教習所側は乗り気でしたが、親がめちゃくちゃ嫌がりました。

某教習所から電話がかかってきても、断れと。

親が全身全霊で嫌がったので、教習所指導員になることは断念しました。

そして、完全に目標を見失いました。

他にやりたい仕事が見つからないまま就職活動

学生時代、唯一やってみたいと思った仕事が自動車教習所指導員で、それ以外の仕事はまったく考えていませんでした。

当時はインターネットもなく、代わりにリクルートから就職情報の冊子が自宅に送られてきました。

とりあえず、リクルートの就職情報誌に載っていた数社の企業説明会に行きました。

コンピュータ関連企業の説明会に行くと、適性試験を受けることに。

制限時間内に終わらせることができず、足切りにあいました。

別のコンピュータ関連企業の説明会にも行きましたが、そこも適性試験でアウト。

そういえば、大学で「自分はどんな仕事に向いているか?」という適性検査をやりました。

そのときも制限時間内に終わらせることができず、結果が出せませんでした。

結局、どんな仕事が向いているのか、わからず。

それ以前に、そんなノロマはどんな仕事も向いてないのでは!?

ただ、営業は向いていないと思いました。というか営業はやりたくない。

コンピュータ関連は諦め、リクルートの就職情報誌に載っていた医薬品会社を訪問。

何回も何回も面接を受けましたが、やりたくない営業職だったので、踏ん切りがつかず不採用となりました。

焦りと不安で間違った職業を選択

就職が決まらない。

やりたいことも見つからない。

けど、とにかく就職しなければ。

という焦りと不安で判断を誤るわけです。

絶対にやりたくない仕事が自動車販売会社(ディーラー)の営業、いわゆる自動車のセールスマン。

しかし、いちばん就職しやすいのが自動車のセールスマン。

絶対にやりたくない仕事でしたが、就職することを優先して、諦めて自動車のセールスマンとして就職しました。

いざ入社してみて、やっぱり間違いでした。

失敗でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました